enterprise_entrepreneur – 株式会社ディライト(DELIGHT Corporation)

enterprise_entrepreneur RSS

shopify -

After testing many EC Platform maily from Western Society and Japan, we choosed "shopify".

Read more

artificial intelligence, bockchain, entreprenur, Fintech, invest, フィンテック -

We are glad to announce we have developed "Bitcoin Arbitrage" software by ourselves to study "bitcoin eco-system" and block chain technology.   Basically, we are sports business company but challenging new technology and keeping our IT skills very high level.  Also, we need to know deep about bitcoin eco-system before giving advice to client or solution to corporate client or client of our player as investor.  In Japan, we have 6 major bitcoin exchange.  We connected all exchange using api they provided. Also we connected 2 foreign exchange(from US and China) to get more information by api. Generally "Arbitrage" is...

Read more

bockchain, mining, ブロックチェーン -

ブロックチェーンのビジネスモデルとしてマイニングはあります。弊社では、次世代ITシステムの基盤となるブロックチェーン技術の検証として「マイニング」を開始しています。 各種、調査比較した結果、下記の結論となりました。 ハードウエアの陳腐化が進むので、信頼できる会社、クラウドシステム上でマイニングを行いたい。 マイニング技術者を自社で抱え、固定給い新技術を取得させても、ブロックチェーン技術者のニーズの高まりに合わせて多分転職してしまう。 半減期など外的要因により、収支が合わなくなった場合、すぐに他の可能通貨のマイニングに切り替えたい。 すぐに始めたい。手間をかけず、初期投資だけで後は何もしないで安定収益を得たい。 結論として、ジェネシス・マイニング社の クラウドマイニングサービスを利用することとしました。 プロモコード「ZTFbnh」を入力すると、3%ディスカウントされます  弊社では、2年契約のX11の契約をしています。現在のところ、投資効率ROI = 約200%となっています。    

Read more

弊社では、ビットコインを利用したECサイトの実証実験として、マラソン大会の参加料としてビットコイン受付を開始しました。 あわせて、仮想通貨であるイーサリアムについて、基礎研究を開始し、2016年7月28日に会社として初めてとなるスマートコントラクトを作成しました。これまでのホストコンピュータ、クライアント サーバ型、クラウド型と進化してきたITシステムが「分散自律システム」という新たな段階を迎えたと感じています。ITスキルのある個人の方には、特に日本において 技術者が少ない中、良い仕事が選べます。 大企業の方に関して、コスト削減と中間会社や判断を必要としない(正確には事前にきめスマートコントラクトに落とし込むことによる自動実行で)高速自動処理が実現できるかと思います。データベースや、データセンター、ログファイル解析その他システム構築の定石が根本から変革され、それによって対応できない既存産業や企業は取り残されます。 大企業にとっては、 「一般公開のブロックチェイン」と、「プライベート(利用者範囲を制限した)ブロックチェイン」のどちらを使うか プライべ―トキーをどのように安全に管理するかと ITに不慣れなユーザーにどうプライべ―トキーを管理してもらうか などが最初の鍵となります。 「1993年にインターネットで世の中がかわるとは 多くの人がおもっていませんでしたが、10年後、どうなったか。」、「iPhoneなどスマートフォンが登場したとき多くの人が 自分に必要かわからなかった今はどうだ」というのがブロックチェーン推進者の意見ですが、このたび実際に自社で経験し その言葉を理解しました。   ■ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査(経済産業省) http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160428003/20160428003.html

Read more

「副業OK」の企業がじわりと増えている」という記事を拝見しました。 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/060100241/  「副業OK」の流れは、良い流れと思います。大企業を中心に、日本の会社は、生え抜き人材が大好きで、長時間働くのが忠誠心が高く良いこと、多様な働き方は、とんでもないみたいな価値観は、20年までは90年代半ばまでは確かにありました。   その後、時代の変化の流れで、中途採用が大企業でも増えていくわけですが、この5年くらい特に外部環境の変化が激しいと感じます。 変化に対応するために、多様な人材リソースを活用する方法を企業が、模索するのは当然と思います。「副業ok」になれば、企業の経理部、法務の方で、副業で友人の会社の業務を受けたり、そのために資格をとろうと努力したり考えられると思います。出向や転職をするとわかりますが、社内でしか通用しない仕事の仕方をしている人は多いと思います。ただ、いまようやく、社内人材に多様性を持たせようとしている段階が始まったばかりですかと思います。次の段階で、「副業ok,週3または週4勤務ok」が進むと、外部人材の活用が始まります。既にいわゆるプロジェクトベースで業務に参加する、ビジネスエージェント、パラレルワーカー、ビジネスノマドなどの言葉もでてきました。3年前より、今は、プレイヤーである個人も、人材マッチング会社も増えてきました。今後更に加速していくと思います。別の話で、先日ある人材紹介会社のシニアな社長さんとのランチで話題になったのですが、企業がプロジェクトベースで優秀な個人やそのような方でチーム編成を始めると、何百万円も前金が発生するヘッドハンティング会社や、いわゆるコンサルティング会社は、ビジネスモデルがどうなるのだろうということでした。45歳の私には、あと5年くらいで、プロジェクトベースでの参画への理解が深まるのかと予想してましたが、そのシニアな社長さんの見解では、あと20年は、そうはならないだろうとのことでした。みている方向は、同じようでしだが、どの程度のスピード感で、世の中が変わるかは、わかりませんね。  

Read more

 English  Japanese